ビール券は親世代へのギフトに最適!気兼ねなく贈れて失敗しない

ビール券は親世代へのギフトに最適!気兼ねなく贈れて失敗しない

お酒好きの相手にはビール券を贈るのがおすすめ

グラス一杯のビール

ビール券とは全国の酒屋やスーパーなどで実際にビールと引き換えることが可能な商品券です。通常の商品券や金券類とは違って引き換える対象がビールに限定されているため、贈り物として使用する際には相手のお酒の趣味に合わせて使うようにしましょう。特に相手がビール好きであれば通常の商品券やビールそのものを贈る以上に、間違いなく喜んでもらえることでしょう。
ビール券には瓶ビール2本と引き換え可能なものと缶ビール2本と引き換え可能なものの2種類があります。贈り物にする際には同じ種類のものを複数枚包むのか、それとも両方のビール券を混ぜて包むのかを相手に合わせて考えるようにしましょう。また、それほど短くはないとはいえビール券には使用期限が設けられているため適切な期間で使い切ることができる枚数を包みましょう。
ビール券は持っていても邪魔になることがないため、単身赴任や引っ越し祝いなど荷物が多くなる時期の贈り物に向いています。また、上司や異性への贈り物よりは同性の同僚や友人などに宛てて親睦を深める意味で贈るのがより適切なタイプの贈り物となります。一方で緊急時には金券ショップに持ち込むことで換金することも可能なため、ビール券の使い道は意外と幅広いものとなっています。

高齢の人に負担無く喜んで貰うならビール券を贈るのが一番

いくらお世話になっている人がビール好きだからと言って、高齢の人を相手に重いビールケースや缶ビールの箱をまとめて送り付ければ、迷惑となってしまいます。相手の負担を第一に考えれば、現品のギフトは真っ先に候補から外れます。そこでお勧めなのがビール券です。高齢の人でも楽に受け取れますし、自分が飲みたいタイミングで好きな銘柄に交換して貰えます。交換可能なお店が身近に豊富なのも魅力です。
ビール券はまとまった枚数をギフトで贈れますが、交換は1枚辺り大瓶2本、あるいは350ml缶2本から可能です。自分のペースで飲みたい高齢の人にも最適ですが、そこで気になるのが瓶専用、缶専用券どちらを選ぶべきかという点です。後片付けの負担を第一に考えるなら缶専用券ですが、中には手酌で楽しまないと落ち着かないという人もいます。そんな人には事前リサーチを万全にした上で、瓶専用券を贈るのが一番です。
高齢の人は形式にこだわる傾向にあります。日頃の感謝の気持ちをギフトで示したいなら、たとえ商品券でも丁寧なラッピングが欠かせません。ビール券を購入の際は、大抵のお店で簡易なラッピングを施して貰えます。特にデパートや商品券通販サイトのギフトコーナーで依頼するのがお勧めです。一方金券ショップでは裸の状態で安くビール券を購入出来ます。この場合、後から自分でラッピングを施す楽しさがあります。

ビール券をギフトで贈る際の注意点やコツは

暑い時期に誰もが貰って嬉しいギフトとして、ビールが挙げられます。ですが大量の現品をいきなり送り付けても、相手を困惑させてしまうだけです。そこでお勧めなのがビール券です。ビール券なら相手の邪魔になりませんし、飲むタイミングや銘柄も相手に自由に決めて貰えます。万が一ビールが好みでなくとも、宴会の席に出したりお金に換えたりと使い道は幾つもあり、決して損になりません。
ビール券は酒屋やスーパーで簡単に購入出来ます。またデパートのギフトコーナーや通販で購入すれば綺麗なラッピングも施して貰え、大切な人への贈り物という雰囲気を演出出来ます。一方、贈る相手が多くコスパを重視するなら、金券ショップで中古券を購入するという手もあります。値段はお得ですが、相手に焦らず使って貰えるよう、有効期限に余裕のある券を選びたいところです。
ビール券は2種類あり、贈る相手の事情を考え選ぶ事が可能です。瓶専用券は633mlの大瓶2本と交換出来ます。これは大勢での会合や宴会を催す人にまとめて贈ると喜ばれやすいものです。一方缶専用券は350mlの缶2本と交換出来ます。独り飲みから家族飲み、仲間内での小規模な飲み会と幅広く活躍してくれる為、相手の都合を特別意識しない場合、こちらを選んだ方が無難でしょう。

Choices Post

Copyright © 2021 ビール券は親世代へのギフトに最適!気兼ねなく贈れて失敗しない All Rights Reserved.